学校生活

学校生活

ルーブリック作成研修会を実施しました!

 8月6日(木)に新しいカリキュラムで生徒に育成する資質・能力を評価するルーブリックを作成するための校内研修会を実施しました。テストの点数では測ることのできない一人一人の生徒の力を、より一層引き出すために必要な評価基準について学びました。AIが進化する社会を生きる生徒に必要な力を本校職員が講師となり、皆で目線あわせをした後、職員同士が互いに学び合う、まさにアクティブ・ラーニング形式で研修しました。創立25年目を迎えた光南高校が、引き続き魅力ある教育活動を展開できるよう努めてまいります。

大学・看護医療系進学者への強化学習会を実施しました!

 8月3日(月)から体験入学を挟み本日6日(木)まで、3年生の大学や看護医療系の進学希望者を対象とする強化学習会を実施しました。英語、数学、国語を中心に進路実現に特化した内容で行い、生徒たちは熱心に取り組んでいました。強化学習会以外にも、個別に進路についての質問をするなど、夏休み中にもかかわらず、生徒たちは進路実現に向けて学校に来て頑張っています。私たち教職員も3年生全員の進路実現に向け、しっかりサポートしてまります。頑張れ3年生!

中学生一日体験入学(第2日目)が無事終了しました!

 8月5日(水)に中学生一日体験入学(第2日目)を行いました。今年の体験入学は、新型コロナウイルス対策として、8月4・5日の2日間、午前・午後に分け、地区別に実施しています。第2日目となる本日は、白河市、東白川郡、石川郡、田村市、会津地区等の中学校の生徒が参加してくれました。全体会、体験授業、部活動見学・説明会とも光南生が大活躍し、中学生に光南高校の魅力を伝えていました。本日の体験入学が、参加した中学生の進路実現に少しでも役立つことを願っています。

 なお、参加できなかった中学生のために、本日配付した資料を以下に掲載しましたので、参考にしてください。

☆中学生一日体験入学資料 ⇒ 体験入学資料.pdf

中学生一日体験入学(第1日目)を行いました!

 8月4日(火)に中学生一日体験入学(第1日目)を行いました。今年の体験入学は、新型コロナウイルス対策として、8月4・5日の2日間、午前・午後に分け、地区別に実施しています。第1日目となる本日は、西白河郡、郡山市、須賀川市、岩瀬郡のほか、たくさんの中学校の生徒が参加してくれました。全体会、体験授業、部活動見学・説明会などを行い、光南生も先輩として中学生に優しく接するなど、大活躍してくれました。本日の体験入学が、参加した中学生の進路実現に少しでも役立つことを願っています。

 なお、参加できなかった中学生のために、本日配付した資料を以下に掲載しましたので、参考にしてください。

☆中学生一日体験入学資料 ⇒ 体験入学資料.pdf

ICTを活用したコミュニケーション英語の研究授業を行いました!

 7月31日(金)に英語科の研究授業を行いました。光南高校では、指導力向上を図るため教員研修に力を入れており、今回は、ICT機器を活用した「コミュニケーション英語Ⅰ」の研究授業です。新出単語の発音や意味の確認をiPadとプロジェクターを使ってテンポよく行い、長文読解の時にはiPhoneやスピーカーをリスニングのために用いていました。他にも生徒どうしの対話を取り入れるなど、効果的にICT機器を活用したアクティブ・ラーニングングによる授業実践でした。この授業を通して、生徒たちがより一層英語に興味を持ち、グローバル社会に必要となる力を身に付けてほしいと願っています。

子どもの発達と保育の研究授業を行いました!

 7月30日(木)に家庭科の研究授業を保育インテリア室で行いました。光南高校では、指導力向上を図るため教員研修に力を入れており、今回は、保育士や母親になったときに役立つ知識や技能を学ぶ「子どもの発達と保育」の研究授業で、幼児とのコミュニケーションを図る手段の一つである折り紙をテーマに、家庭科技術検定の造形表現技術分野を課題とした実習です。生徒たちは、日ごろ練習している動物や植物、鳥や魚などの折り紙に取り組み、それぞれに素敵な作品を制作しました。選択者の多くが保育士を希望しており、この授業を通して、将来の職業などに役立つ力を身に付けてほしいと願っています。

ビブリオバトル校内予選を行いました!

 7月29日(水)の放課後、第6回ビブリオバトル福島県大会中通り地区予選に出場予定の生徒たちによる校内予選を行いました。

 ビブリオバトルとは、面白いと思った本を人に伝える知的書評合戦のことで、「人を通して本を知る、本を通して人を知る」のキャッチフレーズの通り、思いがけない本に出会ったり、発表者の思いを知ることができます。

 参加した生徒たちは、大好きな本の面白さを懸命に伝えようと、言葉や表現を工夫しながら発表していました。自分の思いが伝えられるようにしっかり練習し、大会当日に良い発表ができることを期待しています。

1年次進路ガイダンスを実施しました!

 7月29日(火)5・6校時の「産業社会と人間」の授業において、1年次の進路ガイダンスを実施しました。

 生徒は教育、保育・幼教、公務員、看護・医療、音楽、デザインなど、職業別の分科会に分かれ、1時間につき1分科会に参加し、上級学校の先生方から様々な職業に関する情報を得ることができました。

 新型コロナウイルス感染症への対策も十分に配慮し、県外の上級学校などは状況に応じてオンラインを活用しての実施となりました。1年次生には、初めての進路ガイダンスでしたが、自分の進路についての情報を主体的に得ることができる機会になったと思います。

3年次進路ガイダンスを行いました!

 令和2年7月17日(金)5・6校時、3年次の進路ガイダンスを実施しました。生徒たちは、大学・短大、専門学校、医療看護系進学、公務員、就職などの分科会に分かれて、上級学校等の先生方から様々な情報を得ることができました。感染症への対策にも十分配慮し、必要に応じてオンラインを活用しながらの実施となりました。本年度はオープンキャンパス等に思うように参加できないなど、進路に関する情報を得ることが難しい状況ではありますが、今回の機会を大切にして、熱心に耳を傾けている様子が伺えました。

 

3年次課題研究で那須甲子自然の家からアクション提示!

 令和2年7月15日(水)3・4校時の3年次の課題研究(理科)の授業において、国立那須甲子青少年自然の家の職員の方をお招きし、課題研究を進めていく上での助言をいただきました。3校時は、「ナッジ理論」にも触れられ、生徒たちが課題をより調査しやすい形に広げていくためのヒントをいただくことができました。4校時は、各自の研究テーマと地域とのつながりの考え方について、自然の家の職員の方から個別にアドバイスをいただくことができました。

 

トレーニング室に新しい設備が入りました!

 光南高校には、体育系列やたくさんの運動部があり、競技力向上にトレーニングが必要なことから、今年度、武道場や屋外ハウスに加えて校舎内にもトレーニング室を整備しました。今回は、トレーニングで使用頻度の高いバーベルセットやスクワットラックなどを新たに整備し、今後、トレーニングバイクも入る予定です。これらの設備を利用して、光南生の競技力がより一層向上することを期待しています。

矢吹中学校で福祉・介護の出前講座を行いました!

  7月3日(金)に、福祉介護系列2、3年次生12名が、矢吹中学校の1年生を対象に車いす体験の出前講座を行いました。参加した生徒は、初めての経験ということもあり、教えることの難しさを感じていましたが、回を重ねるごとにスムーズに講座を展開できるようになり、コミュニケーションを図りながら介助することや、車いすのスピードを確認しながら介助することの大切さを、改めて理解できた貴重な経験となりました。

 今回の経験をとおして、矢吹中学生が福祉や介護について興味を持ち、光南高校の福祉介護系列に入り、地域の福祉や介護の担い手になってくれることを期待したいです。貴重な機会を設けてくださいました矢吹中学校と矢吹町社会福祉協議会の皆様、本当にありがとうございました。 

  

家庭系列の生徒が保育園・幼稚園実習を行いました♪

今年度も町内の保育園・幼稚園にご協力いただき、生徒たちが実習を行いました。

事前に準備した名札をつけて、お遊びやお話などの発表を行いました。また園庭で一緒に活動したりと、とても充実した実習となりました。

実習の様子は下のリンクからご覧ください。

 (実習の様子)

保育園実習令和2年6月15日@矢吹町ひかり保育園.pdf

保育園実習令和2年6月16日@矢吹町ひかり保育園.pdf

保育園実習令和2年6月22日@矢吹町ひかり保育園.pdf

幼稚園実習令和2年6月15・16日@矢吹町立中央幼稚園.pdf

幼稚園実習令和2年6月23・24日@矢吹町立中央幼稚園.pdf

学校行事の日程を変更しました!

 今年度は、新型コロナウイルス感染症対策により国全体で様々な対応が行われ、これに伴い光南高校の学校行事も大幅な変更が必要となりました。

 つきましては、生徒の安心・安全を確保しつつ、対外行事や関係機関と連携・調整し、生徒の充実した学校生活に資するため、できる限り学校行事を中止することなく、以下の保護者宛文書のとおり日程を変更して実施いたしますので御確認願います。

 ●保護者宛の文書はこちらから ⇒ 20200629保護者宛文書.pdf

企業ガイドブックの贈呈式を行いました!

 6月27日(木)に昨年10月に本校と連携協定を締結した「やぶき経営懇話会」から、矢吹町内企業の概要をまとめた「やぶき企業ガイドブック」を610部寄贈していただきました。今回、ガイドブックは全面リニューアルされ、表紙は光南高校の2年生がデザインしました。贈呈式では、生徒会長・副会長、表紙デザイン生徒の3名が、やぶき経営懇話会の水戸会長らから手渡していただき、生徒らは謝辞や今後の抱負を話しました。光南高校では、このガイドブックを1年生の職場体験学習の事前学習などに用いるなど、町内企業の理解促進と地域社会に貢献する人材の育成に役立ててまいります。

3年次の生徒が企業見学に行ってきました!

 

  6月19日(金)に3年次の生徒による企業見学会を行いました。訪問先は、富士工業、DNPテクノパック、白河信用金庫、お菓子のさかいの4事業所です。

 3年次の皆さんは、どの事業においても、しっかりとメモを取り、話を真剣に聞き、積極的に質問し、主体性を持って臨むことができたようです。

 実際に工場に入り、大型マシンが稼働し、流れるように製品ができあがっていく光景や販売店舗における商品陳列の意味など、学校では決して学べない貴重な経験を積むことができました。

 3年次の皆さん、今回の経験を基に、進路研究を深め、進路実現に向かって頑張っていきましょう!

 最後になりますが、今回本校の見学会を受け入れて下さった企業の皆様、コロナ禍で大変な状況の中、本当にありがとうございました。この場をお借りして感謝申し上げます。

自然の家と連携して地域づくり実践講座を開催しました

 光南高校では、昨年度から那須甲子青少年自然の家と連携しながら3年文理進学系列生徒を対象に課題解決型学習を行っています。6月10日(水)は、那須甲子青少年自然の家の金子所長にも来校していただき、地域づくり実践講座を開催しました。まず白河市内で青少年育成に携わる一般財団法人未来の準備室理事長の青砥和希氏からコミュニティ・カフェEMANONの活動について講話をいただき、その後、生徒たちは青砥氏や那須甲子青少年自然の職員の方々とともにグループワークを行い、課題研究の進め方について進路に結びつけながらディスカッションしました。地域等の課題解決につながる今後の生徒たちの研究に期待しています。

花苗(マリーゴールド)を植えました

例年保護者の皆様に手伝っていただいていた花苗の定植を、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は梅雨入り前に職員で行いました。

今年はオレンジ・黄・赤の3色のマリーゴールドを植えました。西側通路正門周辺

本校のオンライン学習支援の取り組みが福島県教育委員会のHPで取り上げられました。

 光南高校では、光南生の学びの保障のため、休業期間中に生徒のオンライン支援を継続して行ってきました。これまでのオンライン学習支援の取り組みが、福島県教育委員会HP「オンライン学習支援 各県立学校の取り組み」で、他校の取り組みとともに紹介されました。今後もオンライン学習支援の経験を糧に、新しい生活様式の中、生徒の学びの保障に努めて参ります。

https://sites.google.com/fcs.ed.jp/onlinegakushu#h.tyexs4yd2ct3

3年生対象の小論文講義を行いました!

 令和2年6月8日(月)に進路指導部・国語科・学年が連携して、3年生対象の小論文講義を開催し、進路実現を目前にした3年生55名が参加しました。第1回目となる本日は、昨年度の問題傾向の分析と対策等について、本校教員が講師となり独自テキストを使って指導しました。光南高校では、今後、小論文講演会や面接練習など、進路実現に向けた様々な支援を行っていく予定です。是非、3年生には進路希望を叶えてほしいと願っています。

ようやく部活動等が再開しました!

 光南高校では、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止としていた部活動等を、県教委の学校再開の方針に従い、本日から再開しました。これまで活動したくてもできなかったため、生徒たちは水を得た魚のように生き生きと活動していました。どの部活動等も感染症対策を行うとともに熱中症予防にも努め、生徒の健康に配慮しながら注意して行っています。部活動によっては、県独自の代替大会が開催されたり、開催されなかったりと対応は様々ですが、静まりかえっていた放課後にようやく活気が戻ってきました。一人一人目標は異なりますが、各部活動等を通して光南生がより一層成長することを期待しています。

日商簿記2級に合格した卒業生が訪ねて来てくれました

 6月1日(月)に今年3月の卒業生が尋ねて来てくれました。彼女は、在学中情報ビジネス系列で様々な資格を取得し、今年2月には自宅学習期間中にも関わらず、自主的に登校して本校職員の指導を受けながら勉強し、日商簿記2級に見事合格しました。日本商工会議所等が主催する日商簿記は、高校生のための全商簿記とは異なり社会人も対象とする資格で、経理・会計分野のプロを目指すなら2級レベルが必要で、合格のための勉強時間は200時間以上とも言われています。今日は、卒業後に届いた表彰状を校長が手渡し、指導された先生方に更なる抱負を語ってくれました。卒業生の活躍は、在校生の夢や希望になります。頑張れ光南の卒業生!頑張れ光南生!

総合的な学習の時間 3年次課題研究(理科)オンライン講演会

 5月21日(木)の午前、午後の2校時に、3年次課題研究(理科)において、オンラインによる講演会を実施いたしました。
 講師の先生として、一般社団法人未来の準備室理事長の青砥和希様、那須甲子青少年自然の家職員にご参加いただきました。
 講演のテーマは、探究の在り方と情報リテラシーについてでした。課題研究において、地域のニーズを調べていく上で、どのようなことに注意することが大切かについて学ぶことができました。特に、「課題を見つけるためのマンダラートの活用方法」「事実と印象を分けて考えること」など、大変わかりやすい、印象に残るお話をいただきました。
 オンラインという形ではありましたが、生徒たちは、オンライン学習支援により、ClassroomやMeetの活用にも慣れていたこともあり、スムーズに展開することができました。講師の先生には、1年間の授業の中でお世話になっていく予定です。そのようなこともあり、先生のお話にしっかりと耳を傾け、メモを取りながら真摯な態度で拝聴していました。

 

分散登校しながら学校を再開しました

 県では本日5月25日から全県一斉に学校再開し、光南高校は先週の登校日と同様、午前・午後に分けた分散登校により段階的に学校を再開しました。今週は2グループに分けて午前または午後に毎日授業を行い、6月からは全体での授業とし、6月8日から部活動も再開する予定です。休校中に静まりかえっていた学校にも、ようやく生徒たちの元気な姿がもどってきました。引き続き、新型コロナウィルス感染症対策を行いながら、生徒たちが充実した学校生活が送れるよう努めてまいります。

光南高校の創立記念日(5/20)とは?

 毎年5月20日は光南高校の創立記念日です。このため、本日はオンライン学習も分散登校も行わず、生徒休業日としました。

 光南高校は、昭和24年4月1日に白河農業高等学校矢吹分校として設置され、昭和52年4月1日に現在の地に新校舎を建設して矢吹高等学校として独立し(同年5月20日に独立・新校舎落成記念式典を挙行)、平成8年4月1日に県内初の総合学科高校として現在の光南高等学校が開校しました(独立・新校舎落成記念式典挙行日(5/20)を創立記念日として定めました)。

 敷地内には昭和24年の独立を祝う石碑があり、当時の学校関係者や地域の方々の喜びと尽力の跡がうかがえます。また、他にも独立10周年を祝う校歌碑や平成18年の夏の甲子園大会出場を祝う石碑があります。創立記念日にあたり、今年で創立25年目を迎える光南高校の歴史をご紹介しました。

オンライン学習支援2日目

 本日5月12日も、昨日に引き続いてオンライン学習支援が行われました。

 授業を行う先生方は、それぞれに工夫を凝らし、光南生へ学習支援を行いました。今日のオンライン学習支援では、先生の講義を視聴するだけでなく、自分で抱いた疑問をチャットに書きこみ、それに別の生徒が答えるといった、主体的な学びも見受けられました。

 そして、先生方の情熱と光南生の学習支援参加の熱意にほだされ、校長先生もみずから理科のオンライン学習支援を行いました。

 明日もまた、オンライン学習支援は続きます。「継続は力なり」。生徒の皆さんは、明日からもしっかりと参加しましょう。

オンライン学習支援が開始されました。(第1日目)

本日5月11日(月)から、光南高校のオンライン学習支援が開始されました。年次ごとのSHRの後に、1~3校時の学習支援にほとんどの光南生が参加しました。その思いに応えるように、先生方も熱く学習支援を行いました。参加できない生徒のフォローはもちろん、光南生を誰一人も取り残すことなく、学習支援を続けてまいります。

オンライン学習支援①オンライン学習支援②オンライン学習支援③

 

オンライン学習支援の試行を行いました。

5月8日(金)15:00から、オンライン学習支援の試行を行いました。生徒たちは、研修会で体験したGoogle classroomとmeetに家庭からログインしてSHRに参加し、オンライン学習支援の試行である校長先生のお話をオンライン上で伺いました。ほとんどの生徒が参加し、高い参加率となりました。生徒の皆さんの孤独な学びを、オンライン学習支援では参加できる生徒はもちろん、参加できなかった生徒のフォローも、光南高校としてしっかりと取り組んでいきます。

オンラインSHRの様子①オンラインSHRの様子②オンラインSHRの様子③校長先生のお話(準備中)校長先生のお話

光南高校生が荷崩れしたトラックの積み直しに協力しました

 5月7日午前11時半頃、光南高校近隣の高速道路ガード下付近で、荷崩れしたトラックの積み直し作業を、通りかかった光南高校生7人が協力しました。途中、通りすがりの車の方にも心配していただきましたが、生徒たちは懸命に手伝っていました。また、トラックの運転手さんから学校に「素晴らしい生徒さんたちですね。また、素晴らしい教育活動をされていますね。」と感謝の言葉をいただきました。忙しい現代社会において、心温まるとても感心な生徒たちの行動でした。

オンライン学習のための生徒研修会を実施しました

 光南高校では、5月7日午前に1年生、午後に2年生、5月8日午前に3年生の分散登校を行い、健康や生活、学習の状況を確認するとともに、来週12日から始めるインターネットを活用したオンラインによる学習支援のための生徒研修会を実施しました。適応力の高い生徒たちは、すぐにG SuiteのClassroomとMeetを使いこなしていました。今後、生徒の皆さんの自宅での孤独な学びをしっかり支援してまいります。

オンラインによる学習支援に向けて職員研修会を実施しました。

 光南高校では、休業期間中に光南生の学習のために何かできることはないかと教職員で検討を進めてきました。

 今回は、その一歩として、休業期間が延長されることも想定して、オンラインによる学習支援に向けて職員研修会を実施しました。

 福島県教育庁高校教育課のオンライン学習支援サイトを活用して、Google classroomとMeetの使い方を主体的に学びました。生徒の皆さんは、休業期間中にパワーアップした先生方を楽しみにしてください。

新たにトレーニング室を整備しました!

 光南高校には体育系列やたくさんの運動部があり、これまで多くの部活動が気軽に使えるトレーニング室ないことが課題となっていましたが、この度、旧東104教室を新たにトレーニング室として整備しました。トレーニング機器はまだ少ないですが、今後少しずつ計画的に整備する予定ですので、各部活動の一層の充実に役立つものと考えています。

 なお、野球部のハウスと柔道部の武道場のトレーニング設備は継続して使用できますので、今回の整備により光南高校には計3カ所にトレーニング設備が整備されたことになります。

「ふくしま創生人財育成事業」の指定を受けました!

 今年度、県教育委員会から「ふくしま創生人財育成事業」の指定を受け、地域を担う人材の育成に取り組んでまいります。

 本事業は、今年度からの新規事業で、地域の様々な課題を解決するために必要な資質を養うため、各高校の特色ある教育活動を支援することを目的しており、光南高校では、インターンシップを通した課題解決学習や地域の有識者を招いての特別講座、基礎力を育成する取組などを行ってまいります。

 引き続き、地域と共にある学校を目指し、更なる教育活動の充実に努めてまいります。

臨時休業に当たっての校長メッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、光南高校では、明日(4/21)からゴールデンウイーク明けの5月6日まで臨時休業とし、部活動も中止します。本日、臨時休業中の過ごし方について、放送による全校集会を行い、校長、学習指導部長、生徒指導部長が、生徒への思いを語りました。光南高校の生徒の皆さんが、新型コロナウイルスに感染することなく、これからの高校生活の目標や、自分の生き方や在り方についてしっかりと考え、休業期間を有意義に過ごすことを願っています。5月7日に会いましょう。

・校長メッセージはこちら ⇒ 2020420校長メッセージ.pdf

科目選択説明会の実施 (1年次 産業社会と人間)

 4月14日(火)5・6時間目で、1年次生を対象に科目選択説明会を第2体育館で行いました。

 「産業社会と人間」という授業は、普通科や実業科とは異なる総合学科独自の授業で、総合学科の特色を集約した科目とも言えます。そのため、総合学科である本校の100を超える講座(科目)の選択についても、「産業社会と人間」を通して行うことになります。

 5時間目には、校長先生から「総合学科の特徴」や「産業社会と人間という授業の意義」、「産業社会と人間を通して目指す光南生像」などをお話しいただきました。また、年次主任の河合先生から「系列選択の重要性」など年次からのメッセージをお話しいただきました。

 6時間目には、学習指導部から、ブロック表の見方・選択の条件・モデルプランなど科目選択の概要について話がありました。

 今後は、5月22日(金)の第1回科目選択に向けて、系列別説明会や相談会を予定していますので、1年次生は積極的に活用してください。

 100を超える講座の中から、将来を見据えて2年次・3年次の科目を選択することは大変かもしれません。しかし、自分で学びたい講座を、自分で考えて選択できることは、光南高校でしかできない学びですから、しっかりと選択していきましょう。

ついに調理室のガスコンロを新品に交換!

 光南高校には家庭系列があり、他校をはるかに上回る調理実習を行っているため、長年にわたる使用によるガスコンロの老朽化が課題となっていました。この度、県施設財産室の協力により、調理室のガスコンロをすべて新品に交換することができました。もちろん、ガスオーブン付きですので、ケーキクッキングの授業でも大活躍することでしょう。また、調理実習はもとより、家庭科技術検定(食物調理)においても大きな効果が発揮されることが期待でき、光南高校生の料理の腕前が、これまで以上に向上し、進路実現にもつながるものと考えています。昨年度、調理室には大型モニターとエアコンも整備しており、他教室も含め一層の環境改善に取り組んでまいります。

令和2年度光南高校第25回入学式を挙行しました

 4月9日(木)に令和2年度光南高校第25回入学式を挙行しました。本来ならば、保護者の方もご臨席いただき行う予定でしたが、急遽予定を変更して新入生と教職員のみで行いました。生徒たちの眼差しには、高校生活への期待と意欲が漲っており、大変心強く感じました。200人の新入生が光南高校生として活躍することを心から願っています。

校長式辞はこちら ⇒ R2入学式校長式辞.pdf

音楽教育の充実のための学術教育振興財団からの助成が決定しました

 光南高校の音楽教育の取組が、令和2年3月31日に福島県学術教育振興財団の助成事業として採択されました。テーマは、「新たな音楽教育メソッドの開発による地域振興と県立高校の特色化」です。事業概要は、デジタル技術を用いた創作活動や地域振興につながる表現活動など、新しい音楽教育メソッドを開発し、高等学校音楽教育の充実を図るとともに、高校生の音楽活動による地域活性化と学校の魅力化に取り組み、地域と共にある学校や特色ある県立高等学校のモデルを目指すものです。

 令和2年度から、学術教育振興財団の支援を受けながら、光南高校の音楽教育の一層の充実を図ってまいります。事業概要は以下のPDFファイルから御覧ください。

・事業概要 ⇒ 音楽教育推進事業概要図.pdf

令和2年度学校経営・運営ビジョンを策定しました

 本日の職員会議において、令和2年度福島県立光南高等学校学校経営・運営ビジョンを策定しましたのでお知らせします。学校経営方針は昨年度に引き続き、「生徒の夢を叶えるために」①多様な個性がコラボレーションする学校②社会の中で生き抜く力を育む学校③安心して学び続けることのできる学校となります。

 この4月で25年目を迎える光南高校が、より良い教育活動ができるよう、教職員が一丸となり、しっかりと取り組んでまいります。

・令和2年度福島県立高何高等学校学校経営・運営ビジョンはこちら ⇒ 令和2年度学校経営・運営ビジョン.pdf

 

矢吹町と福島県立光南高等学校との連携に関する協定書締結式を行いました!

 3月30日(月)午後1時より、矢吹町役場にて、町と本校との連携に関する協定書の締結式が行われました。

 これは、平成29年3月に、地方創生の実現と地域に貢献できる人材育成を目指して締結された連携協定を、さらに広がりを持たせるため内容の一部修正を図り、新たな協定を締結したものです。

 締結式では、町を代表し蛭田町長が、本校から郡司校長が協定書に署名を行いました。

 今後、協定の継続を図り、町との連携をさらに活発化させ、相互の目的達成のため取り組んで参ります。

調印の様子

   協定書への署名の様子            

光南高校の最新情報を更新しました

光南高校の最新情報を更新しましたので、下のPDFファイルをご覧ください。

光南高校では、3年次生の「全員合格」を目指して指導し、卒業生全員の進路が決定しました。令和2年3月の進学・就職状況も掲載しましたので、あわせてご覧ください。

・光南高校の最新情報はこちらから ⇒ 光南高校の最新情報.pdf

・令和2年3月進学・就職状況はこちらから ⇒ 令和2年3月進学・就職状況.pdf

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う4月1日以降の教育活動について

 在校生及び保護者の皆様へ

 光南高校では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月31日まで部活動中止などの様々な対応を行っておりますが、今般、国及び県教育委員会から教育活動再開等についての方針が示されましたので、国の専門家会議の提言等を踏まえ、感染拡大防止の対策を行いながら、4月1日から教育活動を再開いたします。詳細については、以下のPDFファイルをご覧ください。

 ・4月1日以降の教育活動についての連絡 ⇒ 20200327 4月1日以降の教育活動について.pdf

光南高校が県教委のメールマガジンやWEBページで紹介されました

 3月23日に光南高校のキャリア教育の様子が、福島県教育委員会のメールマガジンvol.190やWEBページで紹介されました。

 内容は、昨年10月の1年次生のインターンシップや今年2月の2年次の企業説明会などの様子が紹介されていますので、是非、こちらからご覧ください。

 光南高校は、地域に協力し地域から応援される学校として、引き続き、地域との連携を図りながら、特色ある教育活動を行ってまいります。

 

 ・福島県教育委員会WEBページの紹介のページはこちら → 学校自慢

 ・福島県教育委員会メールマガジンvol.190はこちら → メルマガvol.190

 ・福島県教育委員会のWEBページはこちら → WEBページ

福島大学名誉教授 嶋津武仁氏による音楽系列講演会

2月17日に、本校テクノホールにて、福島大学名誉教授の嶋津武仁氏をお迎えし、

「音楽の作り方」をテーマに音楽系列の講演会を行いました。

楽譜の書き方や旋律の作り方、和声法や対位法等だけでなく、

コンピュータを用いた音楽の作り方について、実演を交えながら、ご講義いただきました。

生徒たちは、各アプリを用いた高度な音楽の表現に触れ、新たな音楽作りに可能性を感じたようです。

今後の生徒たちの創作にどのように活かされていくか、楽しみです。

 

「カレーパーティー」を行いました!

 令和2年2月25日に、家庭系列「子どもの発達と保育」の授業の一環として、光南高校に保育園児をお招きして、「カレーパーティー」を行いました。

 「子どもの発達と保育」の授業は、保育士になりたいと考えている生徒が多く選択をしており、保育検定4級・3級に挑戦したり、保育園実習(2回)を行うなど、保育に関する専門的な学習を行っています。

 「カレーパーティー」は、この授業の最後の実習として、近隣の園児の皆さんに学校に来てもらい、一緒にクッキーを焼いたり、カレーを作ったり、絵本の読み聞かせを行ったり、生徒たちは様々な保育体験をしました。お昼には、みんなで一緒に作ったカレーライスとクッキーを食べて、楽しい時間を過ごしました。

令和元年度 福島県立光南高等学校卒業証書授与式 校長式辞を掲載しました

 令和2年3月1日(日)に令和元年度福島県立光南高等学校卒業証書授与式を行い、196名の卒業生が旅立ちました。卒業生の皆さんのこれからの人生に、幸多からんことを心から願っています。

 福島県立光南高等学校長

 

・卒業証書授与式の校長式辞は下のPDFファイルを御覧ください。

 ⇒ R1卒業式校長式辞.pdf

 

2年次進路ガイダンス(就職編)

 令和2年2月21日(金)5・6校時、2年次の進路ガイダンスが開催されました。

 就職分科会としては、やぶき経営懇話会様と矢吹町産業振興課様と連携して、合同企業説明会を実施しました。

 矢吹町内で各産業を担っている12社の企業の方にご参加いただきました。

 矢吹町にはどのような企業があるのか、我々の生活にどのようにかかわっているのかなど、多くの情報を得る機会となりました。

 生徒たちは、真剣な表情で各社のお話を聞いていました。

 

 

 

 

 

2年次進路ガイダンス(進学編)

 令和2年2月21日(金)5・6校時、2年次の進路ガイダンスが開催されました。

 大学、短大、専門学校、公務員、看護学校など、生徒の進路希望ごとに分かれて実施しました。

 延べ60校を超える上級学校の先生方においでいただき、各分野の最新事情、今後進路活動を進めていく上での心構えなどについて、より専門的な立場からお話を伺うことができました。

 生徒たちも期末考査を終え、いよいよ進路活動に向かって準備を本格的にすすめていく時期となりました。1人ひとり、真剣なまなざしで臨んでいました。進路決定をする上で大変参考になる情報を多く得ることができました。